クレジットカードはこう使う!使える場面のケーススタディ

レストランやお店で提示して支払をする

クレジットカードを作ったけどまだ今一つ上手く活用できていないと感じている人もいるかもしれません。そういったクレジットカード初心者の人は以下の三つの場面での活用シーンを理解するといいでしょう。最も一般的な使い方は、レストランやお店、ホテル等でクレジットカードを提示し代金の支払いをすることです。必ずサインをするか暗証番号を入力することになりますので、伝票に記載された内容が正しいかを確認して対応するといいでしょう。

ネットショッピング代金をクレジットカード払いにする

クレジットカードはネットの世界でも大きな力を発揮することを覚えておくといいでしょう。ネットでホテルを予約したり消耗品やDVD、書籍等を購入する人もいると思いますが、そういったネットショッピングでもクレジットカードが使える場合が多いです。カード裏面に書いてあるセキュリティーコードを入力する必要があるケースも多いので、画面に出てくる指示に従って入力するといいでしょう。大前提として、画面に表示されているサイトが偽サイトでないかどうかは確認する必要があるはずです。

お金が足りない時にキャッシングをする

クレジットカードによってはキャッシング機能がついている場合もありますので、自分のカードが該当しているかどうか確認をしておくといいでしょう。キャッシングとは、カード会社から借金をして現金を手に入れることですが、その借入の手続きはATMに行って現金引出しと同様の手続きを行うだけです。現金がすぐに必要な場合は大変役に立つ機能だといえるでしょう。もちろん、借金になりますので金利負担が発生する点をよく理解しておく必要があるかもしれません。

決済代行とは、クレジットカード等複数の決済を一括して行うビジネスの形態を言います。集金代行、収納代行とも呼びます。