注目!営業代行サービスについて知っておきたいこと

新規事業に営業代行サービスを活用する

新しい事業を立ち上げた時には、営業代行サービスを活用するとメリットが大きいです。まだ軌道に乗っていない事業に対して、自社の営業社員を投入することはリスクが高いです。固定給を支払っている営業社員が必ずしも新規の事業で成果を上げられるかは不透明だからです。それならば、まずは営業代行サービスを活用して、新規事業が軌道に乗ってきた段階で営業社員を投入すれば、費用的にも無駄を少なくすることが出来ますし、マーケティングの効果を得ることも出来ます。

様々なサービス内容がある

一口に営業代行と言っても様々なサービスがあります。自社の営業社員と同様に営業活動を行ってもらうことも可能ですし、テレフォンアポイントメントのみを依頼することも可能です。また営業戦略の立案から実行、検証までをフルサポートしてもらうことも可能です。製品には自信があるけれども営業活動が上手くいかない企業などには最適なサービスです。最終的には構築した営業ノウハウをフィードバックしてもらえますので、営業代行の契約が終了した後も自社で効率的な営業活動を行うことが可能です。

従量型か成功報酬型か

営業代行サービスの料金体系は大きく分けて従量型と成功報酬型があります。サービス内容によってはどちらかのタイプしか選択出来ない場合がありますが、どちらかを選べる場合は売り出す商品の特性を考慮することが必要です。一見、成功報酬型の方が無駄なコストがかからない様に思えますが、比較的売りやすい商品の場合はコストが膨らんでしまう恐れがあります。その場合は従量型の方が費用対効果が高くなることもあります。容易に売ることの出来ない商品を取り扱っている場合は成功報酬型の方が良いですが、1件あたりの成功報酬の単価は比較的高くなってしまうことは認識しておくことが必要です。

営業代行は蓄積されたノウハウを生かして、新規の顧客を獲得することで企業の売り上げを伸ばすことが出来ます。