どう違うの?ウォーターサーバーに使われる水の種類とは

ウォーターサーバー用のお水はおおまかに分けて二種類

近年は一般家庭でもウォーターサーバーが導入される事が多くなりましたよね。安全で美味しい水を配達してくれて、それをいつでも飲める状態でサーバーに貯蔵しておけるというとても便利なシステムです。ところでこのウォーターサーバーに使われているお水、メーカーによって違いがあるのはご存知でしたか?大別すると二種類に分けられるのですが、この二種類は「全く違うお水」と言って良いくらいに違いがあるのです。今回はその二種類の水の違いについてまとめてみようと思います。

まさに自然のお水と言える天然水

ウォーターサーバーの水と言うとまず天然水をイメージする方が多いでしょう。天然水とは文字通り、山のわき水などを採水して原料としたお水です。富士産山麓のお水などが特に有名ですよね。自然の原水にこだわった天然水には体に良いとされるミネラルが豊富に含まれており、また水道水にはないお水本来の美味しさがあります。そんな天然水をいつでも手軽に家庭で味わえるのが天然水を用いたウォーターサーバーの最大の魅力であると言えるでしょう。

あまり知られていない「RO水」ってどんなお水?

ウォーターサーバーで提供されるもう一つのお水がRO水と呼ばれるお水です。普通のお水にRO膜処理と言われるとても高度な濾過を行って作られています。このRO膜処理によって塩素などの不純物を限りなくゼロに近づくため、純水とも呼ばれます。ミネラル分も完全に除去してしまうので、そのままだと味気なくなってしまうため後から人工的にミネラル分を添加して提供されることが多いです。RO水の魅力はなんと言ってもその完璧な濾過処理による安全性です!また原料は普通の水道水などを使っていることが多いので、天然水に比べて低価格なのも嬉しいですね。いかがでしたか?このように二つのお水にはそれぞれ違った魅力が詰まっているのです。皆さんもウォーターサーバーを選ぶ際にはぜひ参考にしてみてくださいね!

近年水の安全性が問われることが多くなってくるのと同時に、特に子持ち世帯を中心にウォーターサーバーを導入する家庭が増えてきています。