引越をできるだけスムーズにさせる片付け手順

片付ける順番で荷造りをしていく

引越で大事なのは荷造りにあります。一般的に引越が決まれば梱包資材をお借りすることで片付けを開始していきますが、順番を学ぶと生活に支障が出ないようにできます。まず季節の物から、殆ど使うことの無い物、時折使っている物、結構使っている物、毎日使っている物の順番で荷造りをしていきます。最後の毎日使う物の場合ではダンボールを一個用意しておいて最後の最後に詰められるようにしておくと引越後の片付けが楽になります。

重さの調整と分けて片付けておく

引越をするときダンボールはちゃんと詰めていくと片付けとしては少なくなるので助かるかもしれません。ですがそうしてしまうと今度は重さが関係してきます。あまり重すぎてしまうと返って後で自分達が片付けるときに負担がかかってしまうので、できれば梱包するときに重い物と軽い物を均等に混ぜながら重さを調整していくといいでしょう。またその際には箱ごとに何を詰めているのか書いて部屋ごとに分けておくと後で分かりやすくなります。

片付けは部屋単位で考えて行動する

片付けるときにもうひとつ良い方法としてあるのが、部屋単位で考えることです。例えばリビングならリビングにある物をできるだけ同じ物同士で分けることです。本なら底が抜けない程度の重さまで詰めて、食器やコップなどは新聞紙で梱包しながら隙間はしっかりと詰めておきましょう。新しい住まいに引越したとき部屋ごとに荷物が運ばれていきますから、できるだけ分かりやすく重くない状態にしておいて片付けを進めていくといいでしょう。

不用品の回収の価格は地域にもよりますが、昨今では基本的に無料というのが多いです。なので、なるべく無料の業者を選んだほうがお得です。